Hanageのlog

双極性障害と診断された僕が人生を謳歌するための副産物

現状報告とラブライブ!三昧

ぬわっ。1週間に1回以上更新しますと言っておきながらまったく更新してなかった。しょっぱなから有言不実行やんけ。

 

書きたいことはいっぱいあるんだけど,大雑把に言えば文章力がないから形にできないですね。

 

面白くわかりやすく伝わる文章の書き方とか定番の構文みたいな知識がないのでなんとなく平坦な文章になっている気がしますね。反省します。でも反省するだけなんも変わらんと思う,僕はね。

 

ちなみに病気に関しては今のところ何にも変化なしというだけで,前期みたいに2ヶ月過ぎたころから精神的におかしくなっていくということもあり得るので気は抜けませんね。

 

まあ,将来のことにビクビクするより今楽しめる分だけ楽しむのがいい。いまが最高!

 

 

 

いまが最高といえばラブライブ!ですが(唐突)

 

最近,ラブライブ!に飽きて少し離れてしまった時期が数週間ありました。ラブライブ!が好きなのが4年半続いていたから少し驚きですね。

 

毎日のように曲を聴いていたのになんか聴きたくなくなってしまった……なんでだろう……と本気で悩んでいました。いや普通毎日聴いてたら飽きるけどね。

 

ラブライブ!というコンテンツがここ数年の自分を作り上げたと言っても過言ではないので相当ショックでしたね。(ちなみに僕のラブライブ!史というのを書いてみようと思ったぐらいですが,たぶんこれは誰も読みたくないと思う。でもいつか書きます,自己満足ブログなんで。ふふふ)

 

まあとにかく急なモチベ低下で,もう引退かな〜後は映画だけパッと観て手を引くか〜今度は語れる人が多いコンテンツにしよう……まあ基本的にオタク自体が周りに少ないからなんやけど……みたいな感じで終わりを迎えようとしていました。

 

そんな時にラブライブ!三昧というラジオ放送のお知らせ。言うなればキャストがお喋りしてラブライブ!の曲を流す番組ですね。まあ一人暮らしだから賑やかし程度に聞いてやるかみたいな感じでラジオつけたら

 

 

 

めっちゃ面白い。気づいたら終わってた。途中から聴き始めても5時間ぐらいあったけど,あっと言う間だった。ニュース休憩の30分で急いで風呂入って裸でラーメン食ってた。

 

まず新田恵海さんと伊波杏樹さんの共演。μ'sもAqoursも応援してきた身としては嬉しすぎる共演。これだけであと10年間はファンでいられる。(見事な手のひらクルー)

 

次にキャストの裏話。これ聴いた後はめちゃくちゃライブを観たくなった。稼ぐオタクになってライブBD全種揃えるぞ……僕は……

 

最後にキャストとリスナーの曲への想い。もうね,めっちゃエモい。(語彙)リスナーが太文字なのは理由があります。

 

キャストの曲への想いって自分たちファンからしたらすごく遠くてもう共感とかの域を越えているんですよね。

 

それに比べてリスナーの一言コメントってめちゃくちゃ共感できる。むしろ僕はこういうのを待ってた。

 

前述の通り基本的に周りにオタクが少ないので,ラブライブ!を知っているという人も無論少ないです。スクフェス全盛期の時はそこそこ知っている人がいたんですが,CDやグッズを買う人となると少なかったですね。

 

そんな中ラブライブ!について語り合う機会って年に数回なんですよね。だからラブライブ!についての想いを聞くだけでテンション上がるにゃー!ってなる。

 

結局僕が求めているのって語ったり語られたりなんだなと思いました。コンテンツが無くなっていくのは悲しいけど語り合う人がいなくなるのも悲しい。

 

ここ数年のラブライブ!を好きでいることの違和感ってこれだったんですね。好きでも語り合う人がいない寂しさ。色んな人にラブライブ!を勧めようとする心理ってここにあったんだなと。

 

そんな感じでファン心理を煽られまくって完全に企画の勝利でした。最後の曲がかかった時は涙目。僕はなんてちょろいオタクなんだ……

 

無事ラブライブ!熱を取り戻すことができました。いやあ今回はハッキリ言って危なかったぜ……

 

もっと語りたいのですが,僕とラブライブ!の出会いを書かなきゃ伝わらないことが多いので,今回はこれでおしまい。

 

最後に一言

 

NHKさん!!!!俺の受信料倍にしていいから1ヶ月に1回ぐらいラブライブ!三昧やってくれ〜〜〜〜〜〜!!!!ウオオオオオオオオオ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

Twitter依存を断ち切る

ここ数日Twitterを,10分を昼夜2回に分けて見ています。6時間見ていた時に比べると相当改善しました。

 

普段はTwitterアプリでログアウトをしておいて,いい時間になったら10分タイマーかけて適宜ログインしています。

 

これまでもTwitter制限は試みてきたのですが失敗してきました。でも何度も試みる価値はあると思ってまた始めました。

 

僕にとってTwitterには長時間失うというデメリット以外にも精神的な疲労があるようです。

 

そもそも論として利用し始めはどんな感じだったのか?というと結構な時間見ていました。今より多いかもしれません。

 

でも以前に述べたように,年を追うごとにメンタル的な依存が増えたというか……なんと表現したらいいかわからないですね。

 

なんとなくですが,自分の不安を昇華する場と化してしまった気がします。そのoverdoseが精神疲労の原因だと考えています。

 

今回のTwitter制限はTwitterから離れるための行動というよりは,このような利用法を是正するための行動だと思います。

 

今の生活の不満足が自分の不安を消化できない理由だと思いますので,生活の再建ができたらまたいつもの感じでTwitterを利用しようと思います。

 

生活の再建の算段が整っていないのでなかなか厳しい期間になるだろうし,もしかしたらまた制限失敗するかもなーみたいな気持ちもあります。

 

「まあやらないよりはいいと思うし,できなかったらまた戻ればいいだけじゃない?」という気持ちでやってみます。

 

この前までかなり荒んでいました。ネガティブな感情を出さないようにする,という点では成長があったのですが,自分の不安を吐き出したい気持ちでアンビバレントでした。

 

不安で取り乱しそうになって,たまに精神安定剤を飲むという生活だったのですが……まあここらへんが生活の再建の重要なポイントでしょうね。

 

今の自分の状態を端的に言えば,不安以外の感情が乏しい状態です。

 

とりあえずの目標は,不安以外のポジティブな感情を取り戻してひとまずの生活を送られるようになることです。

 

追記

Twitterから見てくれた人向けなのですが,1日20分のTwitter制限でその時間をフルにTL追いに使うので滅多に呟かなくなると思います。このブログはネタと精神力が続く限りは週に1回以上書くと思うのでここで生存確認したい人はしてください。連絡先知っている人はLINE使ってください。Twitterにこっそり復帰してたら温かい目で見てください。

新学期に向けて

こんにちは。最近なんとなく宙に浮いた感覚がします。秋の涼しさが昔を思い出させて余計自分の軸がずれている感じがします。

 

秋は好きです。季節的にも好きだし,思い出もいっぱいあるし。まあその件についてはまた今度ゆっくり書きます。

 

とにかく他の人より生活面での不安が多いので新学期に向けて色々生活の見直しをしています。

 

まず睡眠。僕は二度寝して寝坊すると逆に体調が悪くなります。二度寝せずにきっちり起きて生活したい。

 

朝スッキリ起きられる方法は無いかと本を漁っていたところ,とある本に出会いました。あんまり目新しいことは書いてなかったのですが改めて実践したいと思います。良かったら紹介します。

 

学校以外の時間をどのように過ごすか,というのも重要な点だと思っています。とにかく本をいっぱい買って経済学哲学数学英語プログラミング…と色々やっています。

 

何事にも縛られない勉強というのは意外と面白くて,時間潰しとスキルアップになります。

 

色んな勉強をやるのは,自分の専門に飽きている僕にどうしたらその学問が楽しくなるかを探っていくためでもあります。

 

勉強だけでは時間を潰しきれないので他のことで良い時間を過ごしたいのですが,ちょっと考え中です。

 

ゲームや小説はそこまで集中が続かないので今は1時間程度,あとは街ブラや運動系かな?と思います。ここらへんは試してみます。

 

—————————————————————————-

 

さっきから時間を「潰す」と時間を厄介者扱いしているのが少し気になると思いますが,あるもののせいで厄介者に成り果ててしまいました。

 

Twitterです。有用な呟きや友達の現状を知られるのはいいですが,簡単に楽しめるということで自分が堕落してきたり,厳しいツイートで心を痛めたりします。

 

時間が余るとこいつの時間がじわじわと侵食してくるのです。最高で1日6時間ほど画面を眺めていたようです。

 

色々Twitterを制限する手立てを考えているのですが,ん〜しっくりこないなあという感じです。

 

そもそもとしてTwitter以外の楽しみを見つけなければTwitterを制限しても上手くいかないということがわかってきました。

 

—————————————————————————-

 

こんな風に人々が普通に生活している中う〜んあれやこれやと考えている僕ですが,ポジティブに考えれば破壊しきった生活を建て直している段階にあるということではないでしょうか。

 

今までは受動的に病気に苦しむだけでしたが,自分の生活や性格を改善して病気を治そうとする試みができるようになったのは成長だと思います。

 

まあまだ結果は出ていないけど良い報告ができればいいと思っています。

僕をこの世に繋ぎ止めるもの

なんかスピリチュアルな感じのタイトルですがそういう系ではないです。少し重い話ですが(笑)

 

前も述べたんですが,一時期何もすることがなくてなんで生きているんだろう……と思うことがありました。

 

この時期の自分の生きる理由がもはや親を悲しませないためと死ぬのが怖いためしかなくて,不安定な状態でした。

 

慌てて「何もやることがない」という状態が悪いのだと考えついてやることを増やしていきました。結果,生きる理由が少しずつ増えていきました。

 

それはしょうもないものの集まり,例えばアニメの続きが気になるとかこの検定に受かるまでは死ねないとかなんですが,僕をこの世に繋ぎ止めるには十分すぎました。

 

少し安定して地元に帰ることができ,そこから色んな人と会いました。(まだ会いたい人はたくさんいるのですが)

 

友人もこの世に繋ぎ止める力だということを実感しました。僕はその人の成長したところが見たいし,また僕が成長したところもその人に見せたいと思いました。

 

結論を言うと,僕は僕をこの世に繋ぎ止めるものを断ち切ろうとしていました。今もしているかもしれません。

 

心は冷めてあらゆるものに飽きて人との交流を断とうと無意識にしていました。そのくせ生きる理由がないと嘆きます。

 

今も8年もやってきたTwitterを飽きたなと思うようになって危機感を覚えました。そのうちこの世に繋ぎ止めるものをすべて絶って消えてしまうのではないかと怖いです。

 

怖いです。誇張なしに。存在が考えられないぐらい軽くなっているのが実感できました。

 

早く健全な精神を取り戻すために……今やることをやります。

不安に打ち勝つ

こんにちは。登校も移動も少なくなって精神が安定してきたらあれこれ悩むことも少なくなりました。悩まないことは即ちブログに書くネタが減るということですが……(この前のラブライブ記事みたいな感じになってしまう)

 

今回は僕がうつ対策でキーワードとしている「不安」について書きます。

 

不安と言っても僕の考える不安は,たぶん普通の人が考えるような大事な行事の前に感じるもの,とだけでは定義不足です。

 

僕にとっては不安とは日常にありふれたもので,死んだらどうなるのかなど抽象的すぎることから,蜂に刺されたらどうしようとかしょうもなくて具体的なことまで幅広く指します。

 

もっと本質的な表現でいくと,日常の中でなんか嫌だなと心につっかえて目の前のことに集中できなくなるあの感情が,僕にとっての不安です。

 

不安に打ち勝つことこそが僕にとっての最終目標であり,病気の呪縛から逃れる瞬間なのです。

 

「それが不安なら私だって不安を抱えている。大袈裟だ。」と思うかもしれません。

 

でもそのような不安を抱えながらもちゃんと生活していた僕が,突然大袈裟に苦しむようになったのです。僕にも理由がわかりません。

 

僕は不安の中でも生きるという「当たり前のこと」ができなくなって,自分に不信感を持ち始め,他人の目が気になるようになりました。本当に長い間,苦しみました。

 

不安に苛まれる日々を数年送って,やっと自分が変わらなきゃ不安は倒せない,抗うつ剤だけではまだ威力が足りないんだと悟ってきました。

 

これが正しい考え方なのかはわかりませんが,今やるべきことはやっておこうの精神で認知行動療法の本の実践や趣味の幅を広げる活動を始めていきました。

 

……話が二転三転しましたね。不安は僕にとってありふれた感情で,他人に理解されないものも含まれていて,それを克服するために性格面での改善をするようになった,というところです。

 

正直な感想として,同級生が元気に生活しているのを見るとすごいと思ってしまいます。(語彙力)

 

そんな人たちから見たら「不安を書き出して解決方法をリストした!」とか「人間らしい生活をするため頑張るぞ!ご褒美はデザートだ!」とか言ってるのめちゃくちゃ笑えますよね(笑)

 

けど数年に渡る苦難の上で,こんな笑っちゃうような努力をすることになったのです。これが今の僕です。

 

すべては不安に打ち勝つため。この笑っちゃうような努力が幸せな将来に繋がることを祈ります。

 

 

 

ん〜〜〜〜〜今回は自分語りすぎたな(いつも)

感動,感情の大切さ

こんにちは。流し読みしていると言われたので読みやすいように改行を増やして800字に減らしています。(追記,まったく800字に収まりませんでした)

 

流し読みしやすいように要点だけまとめます!みたいなカッコいいこと言いたいけどそれはね,僕の技術がたりないの

 

さて頑固な親父な僕ですが,最近アニメや動画,音楽で手軽に感動や笑いを摂取しています。

 

前まではイメージ通り,安っぽい感動とか(笑) 俺は理性的な人間だから(笑) と人を見下していました。正直。

 

そんな僕も,感動して心が動けばモチベーションに繋がる!感情的なモチベが必要だ!となりました。変わったんやなあ。

 

なぜ感情の動きが必要かと言うと逆から考えていくのですが,感情的ではないモチベーションの上昇ってどういうことだと思いますか?

 

僕の意見としては,理性的にモチベーションを上げることだと思っています。

 

つまり,こうこうこういう理由や目標があって,そのためには努力が必要だから,モチベーションを上げていこう。ということです。

 

こういう考えって建設的な努力には必要で,勉強とか,スポーツの能力アップとかには欠かせないんですね。

 

でもこの考えには終わりが必要で,例えば僕の例では

 

受験勉強を頑張る,なぜ?→医師になりたいから,なぜ?→人を救いたいから,なぜ?→かっこいいから……?,なぜかっこいいといい?→自己満足できるから,なぜ自己満足したい?→人間だから,なぜ自己満足したい?……

 

とだんだん理由を突き詰めていくとナンセンスになるというか,あまり考えられないんですよね。ソクラテスの問いに誰も答えられなかったみたいな感じで。

 

これを究極に突き詰めていくと生きる意味とか使命感をひたすら問うようになって悩むことになるんですよ。

 

そのようなことに結論を出して生業としている人もいますが,なるつもりがないならどこかでこの無限に続くような問いを切ってしまいましょう。

 

そこで,心を動かしてモチベーションを得るということが関わってくるわけです。

 

例えば,先ほどの僕の問いのところで,ブラックジャックかっこいい!こういう風になりたい!と絶対的なモチベーションにしてしまえば,こういう風に人を救いたい→医師になりたい→受験勉強を頑張ろう となりますね。

 

おいおい跳躍しすぎだろうと思われますが,跳躍こそこの感情的モチベーションの特徴だと思っています。

 

感情によって跳躍したモチベーションを得ることによって,理性的なナンセンス状態から逃れることができる。

 

推しが尊いから仕事頑張れるとか究極の跳躍ですね……え,何言ってるかわからない?

 

まあ言いたいことは理性的に考えるのが悪い,ということではなくて理性と感情でモチベを維持するのが良いってことですね……

 

 

 

なんか思ったより難しい話題になってしまったし800字普通に超えちゃったので再考します……

 

追記

跳躍より飛躍の方がいいかもしれませんね……

高校中退しようとしてた話

こんにちは。タイトルまんまです。いい話はないです。

 

実家に帰ると高校の通知表が残してあって,欠席数が記録してあるんですね。ものすごい欠席数なんですよ。

 

何度も言ったことがあるんですが,もう出席の関係で留年ギリギリで,秋の時点で学校をやめようとしていたのです。

 

もう僕は学校に行けないと思っていたため,高卒認定試験の準備を始めていました。

 

なぜ学校に行けなかったかと言うと,教室が怖いのとうつによる眠気が酷かったんです。

 

1日にコーヒー1LとエナジードリンクリポDを飲んでいたのですが,それでも1日18-20時間ぐらい寝てました。学校の時間には起きられなかったんですね。

 

でも母親に高校だけは卒業してくれと言われて,とにかくやれることはやりました。途中ペットが死んだり受験があったりで色々大変だったのですが,なんとかギリギリ卒業できました。

 

この母親の助言というのがとても良くて,もし中退してたら今頃孤独に生きていたと思います。

 

部活を辞めて居場所がなくなった気がした僕には,学校を辞めてどれだけ孤独になるかが予想できません。

 

高校を辞めたという後ろめたさから,高校の友達には会おうとしないだろうし,中学の友達にも恥ずかしくて会えないと思います。

 

高校の通知表を見る度にそういった少し違った現在を想像してしまいますが,怖いです。もし学力的に今と同じぐらいであったとしても,人から避けられるような性格になっていたと思います。

 

親と担任の先生には本当に感謝しています。

 

友達はどうなのかと言われると,友達には申し訳なく思っています。僕の体調の変化に気づいて心配してくれた人が何人かいました。

 

でも友達にも,そのような子でさえも一度も自分のことを打ち明けることなく卒業してしまいました。

 

その当時は,自分の悩みなんかを友達に言うのは恥ずかしいし,サボってるだけと感じとられるかもしれないと思っていました。

 

でも,友達を信用して打ち明けられたなら,今の状況より少し良い方向に向かっていけたのかもしれないな,と少し思います。